カテゴリー別アーカイブ: 整顎とは?

側頭筋

口を閉じる筋肉である、

「閉口筋」(へいこうきん)は 主に3つあります。

 

 

1)「側頭筋」(そくとうきん)

2)「咬筋」(こうきん)

3)「内側翼突筋」(ないそくよくとつきん)

 

 

まず、

「側頭筋」(そくとうきん)

 

 

文字どおり、側頭部に位置しており、 耳の上を扇形に覆っている大きな筋肉です。

 

 

耳の上に軽く指をあてて (軽く)歯を食いしばると、 グッと固くなることが感じられます。

 

 

この筋肉が緊張しすぎると、 片頭痛や肩こり、 後頭部のこりなどにつながる場合があります。

アゴ筋の種類

顎(アゴ)の筋バランスを整えるためには、

まず筋肉の種類やその作用を知っておく必要があります。

 

 

咀嚼筋(そしゃくきん)と言われるものですね。

 

ちょっとマニアックですが、 一応お話ししておきましょう。

 

 

開口筋(口を開ける筋肉)は 主に2つ。

 

1)「外側翼突筋」(がいそくよくとつきん)

口を開くきっかけを作ります。

 

 

2)「顎二腹筋」(がくんふくきん)

あくびなど、口を大きく開きます。

 

一方、

 

閉口筋(口を閉じる筋肉)は 主に3つあります。

 

 

1)「側頭筋」(そくとうきん)

2)「咬筋」(こうきん)

3)「内側翼突筋」(ないそくよくとつきん)

 

開くよりも閉じる筋肉のほうが数が多いですね。

 

 

下顎(下顎骨(かがくこつ))はぶら下がっていますから、

重力に逆って吊り上げておく張力が、より多く必要なわけです。

 

 

この結果、寝ている間以外は、 口を閉じる筋肉は常に緊張状態にさらされます。

筋バランス

顎(アゴ)の骨格が崩れると、 当然、歯の噛み合わせにも悪影響を与えます。

 

 

建物がゆがめば、 ドアの立て付けが悪くなることと同様です。

 

 

では、 「顎関節」(がくかんせつ)のゆがみを 整えるには

どうしたら良いのでしょうか?

 

 

答えは、筋肉のバランスを整えること です。

 

 

なぜなら、

 

「顎関節」(がくかんせつ)は筋肉で 支えられている関節なのですから。

 

 

顎(アゴ)の関節を押したり 引いたりしてもダメです。

(ゆがみやすい関節をさらに不安定にしてしまいます。)

 

 

具体的には、

 

左右の筋バランス、 前後の筋バランス、 開ける/閉めるの筋バランス

をそれぞれ整える必要があります。

背骨と振り子構造

立て付けが悪いドアを

いくら削っても ちょうつがいのネジを締めたりしても

何度も何度も同じ不具合が生じる場合。。。

 

 

もしかしたら、

建物の構造そのものに 欠陥があるのかも知れません。

 

 

これと同様に、

 

 

顎(アゴ)の症状を繰り返す場合、 歯や歯茎だけでなく、

「顎関節」(がくかんせつ)や 頚椎(けいつい=首)、背骨全体の バランスを整える必要があるかもしれません。

 

 

首が傾けば、 ぶら下がっている『振り子構造』の

顎(アゴ)もバランスが崩れるからです。

 

もちろん、顎(アゴ)そのものの歪みが 不調の原因かもしません。

建具職人

顎(アゴ)のメインテナンスとは何か?
歯だけではなく、
「顎関節」(がくかんせつ)そのもの
の構造をバランス調整することです。
歯医者さんは歯や歯茎を診る
一流の職人さんです。

 

これは間違いない事実。

 

 

でも、

 

歯医者さんは、顎(アゴ)の筋肉に
手を加えることは基本的にありません。
どういうことなのか、

 

ここで噛み合わせを

「ドア」の開け閉めに例えてみましょう。
例えば、
ドア(扉)の立て付けが悪く
うまく閉じなくなってしまった場合、
ちょうつがいのネジを締めたり
ドアを削ったり

 

という「建具職人」の役割をになっているのが
歯医者さんです。
でも…

手付かず

工場の歯車や部品は何万回かに一度
メインテナンスを入れる必要があります。

 

ネジを締めたり油を差したり。
ところが、

 

年に何百万回も不規則に動かす
「顎関節」(がくかんせつ)は

 

ほとんどの人がメインテナンスしません。
歯磨きや歯科治療はあくまでも
「歯」という「接触点」のメインテナンス。
「顎関節」(がくかんせつ)という
器や構造そのものには手付かずのままなのです。

反復運動!

「顎関節」(がくかんせつ)は、
よく動かす関節です。
モノを食べたり

しゃべったり

と、1日に何度も動かします。
(口を動かす回数は個人差が大きく

また、計測困難なため、正確なデータは見つかりません。)
仮に、

 

1日1,000回 開け閉めすると仮定して

1年にすると300万回以上も動かすわけです。
これを毎回、
寸分の狂いもなく正確に行なうことは至難のわざ。
例えば、

 

工場で何万回と規則正しく
正確に動かす歯車や部品でさえ
わずかな狂いが生じてきます。
様々な形の食べ物を噛んだり、
ランダムな口な動きでしゃべったり

 

という行為を狂いもなく
続けることは不可能です。
先述したとおり、顎(アゴ)は
動かしやすくズレやすい関節なのですから。

顎(アゴ)の靭帯(じんたい)

股関節(こかんせつ)と異なり、

 

肩や顎(アゴ)は動きやすく
ズレやすい関節です。
支持機能をになう靭帯(じんたい)は、

 

「外側靭帯」(がいそくじんたい)
「副靭帯」(ふくじんたい)

 

の2つだけ。

 

(※関節包および、顎関節外の

茎突下顎靱帯、蝶下顎靭帯を除く。)
安定性の低い「肩関節」と比べても
靭帯の種類が極端に少ないのが、

 

「顎関節」(がくかんせつ)の特徴なのです。

1年に300万回

「顎関節」(がくかんせつ)は、
よく動かす関節です。

モノを食べたり
しゃべったり

と、1日に何度も動かします。

(口を動かす回数は個人差が大きく
 また、計測困難なため、
 正確なデータは見つかりません。)

仮に、

1日1,000回 開け閉めすると仮定して
1年にすると300万回以上も動かすわけです。

これを毎回、
寸分の狂いもなく正確に行なうことは至難のわざ。

例えば、

工場で何万回と規則正しく
正確に動かす歯車や部品でさえ
わずかな狂いが生じてきます。

様々な形の食べ物を噛んだり、
ランダムな口な動きでしゃべったり

という行為を狂いもなく
続けることは不可能です。

先述したとおり、顎(アゴ)は
動かしやすくズレやすい関節なのですから。

動く関節

「顎関節」(がくかんせつ)は、

 

下垂して(ぶらさがって)おり
靭帯(じんたい)の数が少ないのが特徴です。
靭帯(じんたい)というのは、
骨と骨をつなぐワイヤーの役割。
顎(アゴ)の場合、
靭帯の支持機能は低く、
主に筋肉によって支えています。
筋肉というのは
骨を動かすための機能ですね。

 

 

つまり、

靭帯=安定性
筋肉=可動性

という関係性が成り立ちます。
靭帯が少なく、
筋肉が多い

ということは、
以前お話したとおり、

安定性が低く
可動性が高い

ということになるわけです。
おさらいをすると、
動きやすくズレやすいのが
「顎関節」(がくかんせつ)なのです。