月別アーカイブ: 2014年3月

猫背で太る?

猫背になると、どうしても

頭や顎(アゴ)が前に出てきます。

 

実は、顎(アゴ)と肩甲骨は

 

『肩甲舌骨筋』
(けんこうぜっこつきん)

 

という筋肉でつながっています。
顎(アゴ)が出ると、
肩甲骨の動きが制限されるわけですね。
この結果、

 

胸郭(きょうかく)が縮み
肺活量が減ります。
首都大学 竹井仁教授によると、

 

酸素摂取量が
体重1kgあたり約10%低下するそうです。

 

 

すると、

 

基礎代謝に使われる酸素量が落ちて
太りやすくなります。

 

 

猫背の人はカロリーを
消費しづらくなります。

 

 

やせづらくなり、
ダイエットにとっては逆効果です。

 

 

顎(アゴ)を引き
肩甲骨はを後ろに引いて猫背改善を目指しましょう。

噛むことの重要性は?

食べ物をよく噛むことは
とても大切です。

 

あなたも子供のころ、
先生や親御さんから

 

「よく噛んで食べましょう」

 

と諭されたことがありますよね?
でも、どうして噛むことが
そんなの大事なのか。。。

 

 

はっきり分かりますか?

 

 

以下、改めておさらいしてみましょう。

 

 

1)消化の補助

 

もし、食べ物を丸飲みしたら
胃や喉(この場合は食道)に
詰まってしまいますよね?

 

 

逆に、食べ物を細かく噛み砕くと
胃腸に負担がかからなくなります。

 
2)唾液の分泌をうながすこと

 

よく噛むと唾液(つば)がよく出ます。
この唾液には消化酵素「アミラーゼ」が含まれており、
デンプンが分解しやすくなります。

 

 

消化・吸収がよくなるわけですね。
3)アゴの強化

 

よく噛むことはアゴの筋トレにつながります。
お子様にとっては、アゴの発育が大切です。

 

 

お菓子やパンなど、
柔らかいものばかり食べているとアゴが萎縮し
歯並びやかみ合わせが悪くなることは
よく知られるようになりましたね。

 

 

よく噛むと、脳も刺激しますから
正しい成長が望めます。
食べ物をよく噛むことの重要性がお分かりになりましたね。

 

 

歯やアゴの噛み合わせが悪いと
よく噛むことができなくなりますから、

 

 

正しく歯磨きをし、そして、
アゴのバランスにも気を配っていきましょう。