予防歯科を応援する日本整顎協会

1年に300万回


「顎関節」(がくかんせつ)は、
よく動かす関節です。

モノを食べたり
しゃべったり

と、1日に何度も動かします。

(口を動かす回数は個人差が大きく
 また、計測困難なため、
 正確なデータは見つかりません。)

仮に、

1日1,000回 開け閉めすると仮定して
1年にすると300万回以上も動かすわけです。

これを毎回、
寸分の狂いもなく正確に行なうことは至難のわざ。

例えば、

工場で何万回と規則正しく
正確に動かす歯車や部品でさえ
わずかな狂いが生じてきます。

様々な形の食べ物を噛んだり、
ランダムな口な動きでしゃべったり

という行為を狂いもなく
続けることは不可能です。

先述したとおり、顎(アゴ)は
動かしやすくズレやすい関節なのですから。

こちらも合わせてお読みください

2014年03月01日 噛むことの重要性は?
2014年03月13日 背骨と振り子構造
2014年03月12日 建具職人