内側翼突筋

「閉口筋」(へいこうきん)の

「内側翼突筋」(ないそくよくとつきん)は 口の中の筋肉です。

 

顎(アゴ)の外側を走る 「咬筋」(こうきん)と並行して、

顎の内側を走行しています。

 

 

頭蓋骨の一部である、 「蝶形骨」(ちょうけいこつ)と 下顎のエラの部分をつないでいます。

 

「蝶形骨」は脳が載っている 器の底の部分で、眼窩底の一部でもあります。 視神経もここを通っています。

 

ですから、

 

食いしばり癖などによって緊張がかかりすぎると、 目の締め付け感や頭痛などにつながることがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です